PR

ニュース 社会

心の隙に入り込んだオウム 元信者男性「麻原元死刑囚は解脱していなかった」

 オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた3日後の平成7年3月23日、滋賀県警に逮捕された男性は、勾留中に読んだ新聞や週刊誌で「宗教弾圧ではなかった」と実感したという。教団を去り、元信者となった男性(51)は産経新聞の取材に、25年前をこう振り返った。「科学の限界を超えたものを見たいと思っていたときに現れたのがオウムだった」

「エネルギーが落ちる」

 現在東海地方で暮らす男性は当時教団で、猛毒のサリンをはじめとする化学兵器の製造を担当したとされ有名大学や大学院の理工系出身者らを中心に構成されていた集団「科学技術省」に所属していたという。

 教団は7年3月20日に地下鉄サリン事件を起こす。男性によると、その後、山梨県の旧上九一色(かみくいしき)村(現富士河口湖町、甲府市)にあった教団施設「サティアン」に強制捜査が入るとの情報がもたらされると、科学技術省の幹部が「警察官に触られるとエネルギーが落ちる」と言いだし、男性は光ディスクやフロッピーディスクなどを持ち出すことになったという。

 「周囲にはまだ切迫した雰囲気はなく、避難訓練みたいな感じだった。2、3日もすればほとぼりも冷めて戻れるだろうと考えていた」

 サティアンを出てから、京都にある、出家する前に働いていた教団が経営する食品店に立ち寄ろうとしたという男性。途中の静岡県で職務質問を受けた際、免許証を取り返そうと警察官ともみ合いになり、警察署に身柄を確保されたという。

 1日ほどで釈放されたといい、その後店を訪問。教団施設に戻ろうとしていたところ、事件が起きた。車内で仮眠をとっていると、滋賀県警の警察官に声をかけられ、逃走した。

 「逃げていると、頭上にヘリが飛ぶようになり、最後はあちこちでサイレンの音が鳴り、何台ものパトカーに追いかけられた。なりふり構わず走り回っていたが、縁石に乗り上げてしまった」

「精神的に空白だった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ