PR

ニュース 社会

三重県など災害時の要配慮者支援にDWATチーム

「三重県災害派遣福祉チーム(県DWAT)」設置協定に締結した福祉団体と鈴木英敬知事(前列中央)=県庁で
「三重県災害派遣福祉チーム(県DWAT)」設置協定に締結した福祉団体と鈴木英敬知事(前列中央)=県庁で

 南海トラフ巨大地震などの災害時に高齢者や障害者、子供たちなど要配慮者への支援を迅速に行うため、三重県と県内の福祉21団体は「県災害派遣福祉チーム(県DWAT)」設立に関する協定を締結した。災害時に研修を受けた専門家チームが支援するほか、県災害福祉支援ネットワークを設け、県外からの災害支援チームの受け入れ調整をする。

 DWAT設立は27府県目。参加した福祉団体は、県社会福祉協議会や県知的障害者福祉協会、県児童養護施設協会など。

 4月以降に各団体の代表者が災害時の支援方策などの研修を受け、5人1組で8チームをつくり、避難所などに出動できるようにする。避難所では要配慮者が過ごしやすい環境を確保するほか、食事やトイレ介助などの生活支援、病院や福祉施設への誘導などをする。

 協定締結にあたり、鈴木英敬知事は「大規模災害が頻発しており、いざというときには支援をよろしく」とあいさつ。井村正勝・県社協会長は「迅速かつスムーズに支援対応をするのは難しい作業で、普段から顔の見える関係を県内全域でネットワーク化し、準備しておくことは意義深い」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ