PR

ニュース 社会

埼玉県庁前刺殺、容疑の准教授「待ち伏せした」 殺人容疑で送検

浅野正容疑者
浅野正容疑者

 さいたま少年鑑別所職員の浅野法代さん(53)が16日に埼玉県庁前で刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された夫の文教大准教授、浅野正容疑者(51)が「電車とバスで移動し、待ち伏せしていた」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、正容疑者が計画的に法代さんを襲ったとみて動機などを追及する。

 県警は同日、容疑を殺人に切り替えて正容疑者をさいたま地検に送検した。

 法代さんの死因が胸などを刺されたことによる失血死だったことも判明した。正容疑者は動機について「言いたくない」と話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ