PR

ニュース 社会

関電報告書「膿出し切っていただいた」大阪市長 

記者団の取材に答える松井一郎市長=16日午後、大阪市北区
記者団の取材に答える松井一郎市長=16日午後、大阪市北区

 大阪市の松井一郎市長は16日、関西電力役員らによる金品受領問題の再調査にあたった第三者委員会の報告書について「おおむねうみを出し切っていただいた」と評価するとともに、関電の新体制や再発防止策を注視していく考えを示した。同市は関電の筆頭株主。市役所で記者団の取材に答えた。

 松井氏は「われわれが望んでいた内容はほぼ調査していただけた」とした上で、報告書で認定された関電側の工事発注をめぐる不正やコンプライアンス(法令順守)軽視に関して「残念で仕方ない。とにかく自分たちの保身。会社を守ることだけで、ユーザーのためという視点が全く抜け落ちている」と非難した。

 今後の経営体制については「会長だけでなく、取締役も社外から入れ、会社の隠(いん)蔽(ぺい)体質を変えてもらいたい」と述べ、早期に新体制と再発防止策を明らかにするよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ