PR

ニュース 社会

滋賀県で新たに1人感染 東近江市の50代男性

 滋賀県は15日、同県東近江市に住む50代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は2人目。男性は軽症で、同居の妻もせきの症状があり、いずれも入院している。

 県によると、男性は3日に38・4度の発熱で医療機関を受診、気管支炎の疑いと診断された。その後も熱が下がらず14日に別の医療機関を紹介され、15日にPCR検査で感染が判明した。男性は昼間は市内の事業所で働き、夜間に商業施設で接客のアルバイトをしていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ