PR

ニュース 社会

兵庫で新たに11人感染 新型コロナ 宝塚市の病院医師ら

 兵庫県と神戸市は15日、新たに40~90代の男女11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。死亡者が出た宝塚第一病院(兵庫県宝塚市)に勤務する医師や、複数の感染者が確認された介護施設の利用者などが目立った。県内の感染確認は計78人となった。

 県などによると、宝塚第一病院では、10日に死亡した80代男性と同じ部屋で入院していた患者2人の感染を確認。同院に勤務していた男性医師2人からも陽性反応が出た。同院は14日から2週間、外来診療を停止し、入院患者や職員らの検査を進めている。

 また別の80代の男女3人は、多数の感染者が確認された同県伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」の利用者だった。

 このほか、70代女性は2人の感染者が発生した神戸市東灘区の「仁科整形外科デイケア」を利用。同居家族の40代男性が、2月19日に複数の感染者が確認されている大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda」を訪れ、感染が判明していた。

 神戸市内に在住する50代男性は2月20日~3月4日、タイに出張しており、滞在中にせきなどの症状が出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ