PR

ニュース 社会

「ウイルスまく」男性と店で接触 30代女性感染

 愛知県豊田市は12日、同市の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市などによると、「ウイルスをまく」と話して同県蒲郡市内の飲食店を訪れていた感染者の50代男性と店で接触していた。豊田市での感染確認は初めて。愛知県内の感染確認は111人となった。

 豊田市などによると、同市の30代女性は4日に店で50代男性と接触。8日に発熱し、喉の痛みを訴えているが、容体は安定している。今後、入院する予定という。女性は家族数人と同居している。

 蒲郡市などによると、50代男性は4日、陽性と判明。自宅待機指示を無視し、同日夜に家族に「ウイルスをまく」と話して同市内の居酒屋とフィリピンパブを訪れた。パブの店員に「陽性だ」と話したため、店側が保健所や県警に通報した。保健所職員が接触者に連絡し、店舗内などを消毒、県警蒲郡署員が防護服を着て出動するなど対応に追われた。

 関係者によると、男性は居酒屋を15分ほどで退店、感染についての話はしなかった。パブには約40分滞在し、隣に座る女性店員の肩に手を回したり、カラオケで歌ったりしたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ