PR

ニュース 社会

流出の仮想通貨「ネム」を不正に交換 容疑の男2人を逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 約580億円相当の暗号資産(仮想通貨)「NEM(ネム)」が交換業者「コインチェック」(東京)から流出した事件で、警視庁サイバー犯罪対策課が11日、流出したネムと知りながら別の仮想通貨と交換したとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、男2人を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕されたのは、会社役員の北本雅己(39)=大阪市=と、医師の土井隆義(30)=北海道帯広市=の両容疑者。北本容疑者は容疑を認め、土井容疑者は「お話しできない」と黙秘しているという。

 捜査関係者によると、平成30年2~3月、インターネット上の仮想通貨交換所を通じ、ネムが不正に流出したものと知りながら交換したとされる。この交換所は流出に関わった人物が開設したとみられ、ネムを相場より割安の価格で取引できると持ち掛けていた。2人はビットコインなど別の仮想通貨と交換して利益を得ていたとみられる。

 警視庁は昨年11月以降に2人を含む男ら数人の自宅などを捜索していた。

 流出事件は30年1月に発生。コインチェックがネットに接続した状態で管理していた顧客のネムのほぼ全額が流出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ