PR

ニュース 社会

河井夫妻を任意聴取 違法報酬支払いで広島地検

(左から)河井克行前法相、河井案里参院議員
(左から)河井克行前法相、河井案里参院議員

 自民党の河井案里(あんり)参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨年7月の参院選をめぐり、案里氏の陣営が車上運動員に違法報酬を支払ったとされる公選法違反事件で、広島地検は9日、夫で前法相の克行衆院議員(56)=自民、広島3区=と案里氏から任意で事情聴取した。関係者への取材で分かった。地検は夫妻の携帯電話も押収しており、違法報酬支払いへの関与について慎重に調べを進める。

 地検は3日、公選法違反の疑いで案里氏の公設秘書、立道(たてみち)浩容疑者(54)、克行氏の政策秘書、高谷真介容疑者(43)、陣営スタッフを務めた脇雄吾容疑者(71)を逮捕。3人のいずれかが公選法で規定する連座制の対象と判断されれば、直接関与していなくても案里氏が失職する可能性がある。

 関係者によると、克行氏は参院選当時、案里氏の陣営を応援するため、側近の高谷容疑者を広島へ派遣。高谷容疑者は車上運動員の日当について、法定上限の2倍となる3万円だと仲介役に伝えるなどした疑いがある。

 地検は案里氏の陣営を実質的に指揮していたのは克行氏とみて捜査。すでに夫妻から携帯電話の提出を受けたが、違法報酬の決定に関与したかどうかを見極めるため、夫妻の聴取に踏み切った。

 3人の逮捕容疑は昨年7月19~23日に14回、案里氏の選挙事務所など6カ所で、選挙カーでアナウンスする車上運動員14人に対し、計204万円を手渡すなどし、日当1万5千円の法定上限を超える資金を提供したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ