PR

ニュース 社会

覚醒剤240キロを密輸 日系カナダ人再逮捕、背後に密輸組織

覚醒剤の押収量が大量・広域化している
覚醒剤の押収量が大量・広域化している

 カナダから覚醒剤約240キログラム(約144億円相当)を密輸したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、日系のカナダ国籍、水産加工会社経営、タテヤマ・ヨシヤ容疑者(56)を再逮捕した。容疑を大筋で認めている。同部によると、市中に持ち込まれた覚醒剤の押収量としては過去最大。

 再逮捕容疑は何者かと共謀し、1月14日、バンクーバーからの貨物船で、冷凍エビを装った段ボール20箱に覚醒剤約240キログラムを隠して東京都江東区青海の青海4号埠頭(ふとう)に密輸したとしている。

 同部によると、タテヤマ容疑者は1月中旬に来日。港に到着した覚醒剤を同27日にトラックで東京都武蔵野市吉祥寺本町のウイークリーマンションに運び込んだところを、踏み込んだ捜査員に、1袋(約1キロ)を所持していた同法違反の営利目的所持容疑で現行犯逮捕されていた。

 同部は情報提供を受け、数年前から内偵捜査を続けていた。密売組織が関与しているとみて、カナダの捜査当局と連携して密輸ルートなどを調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ