PR

ニュース 社会

4歳放置死、両親逮捕 埼玉 全身にあざ、虐待か

 埼玉県伊奈町で平成29年、当時4歳だった低栄養状態の長女を放置し死亡させたとして、埼玉県警は6日、保護責任者遺棄致死の疑いで、父親の自営業、岩井悠樹容疑者(30)=同町小室=と母親のパート従業員、真純容疑者(28)=同=を逮捕した。

 長女の心(こころ)ちゃんは死亡当時、全身に数十カ所のあざがあり、県警は2人が日常的に虐待していたとみて捜査している。捜査関係者によると、2人は心ちゃんの足を無理やり広げたり、重さ約3キロのダンベルを背中に乗せたりする暴行を加えていたという。

 逮捕容疑は、十分な食事を与えず低栄養状態に陥った心ちゃんに対し医療措置を受けさせるなどの保護責任を怠り、29年12月21日、低体温症で死亡させたとしている。心ちゃんが寒さを訴え、ぐったりしていたとして真純容疑者が病院に運び、死亡が確認された。心ちゃんの体にあざがあり、体重が平均より3キロ以上軽かったことから、医師が上尾署に連絡した。

 県警の任意聴取に対し両容疑者は「29年10月下旬からご飯を食べなくなり、同11月ごろからしつけのためにたたくなど暴行した」という趣旨の話をしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ