PR

ニュース 社会

劣悪施設で犬多数飼育疑い ブリーダーの男逮捕、東京

 劣悪な施設で多数の犬を飼育し虐待したとして、警視庁保安課は6日までに、動物愛護法違反の疑いで、東京都府中市新町、ブリーダー、門倉誠容疑者(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は2月13日、汚物の堆積した昭島市の実家倉庫で犬9匹を飼育するなどした疑い。高齢で売り物にならなくなった「引退犬」で、週1回エサと水を与えるだけだったという。「人手不足と忙しさできちんと面倒を見てあげられなかった」と供述し、容疑を認めている。

 昨年7月、府中市の販売店舗でシェットランドシープドッグやコリーといった犬31匹と猫7匹が熱中症で死んだため、門倉容疑者が八王子市の清掃工場に処分を依頼。死亡数の多さを不審に思った工場が八王子署などに通報した。犬の中には巻き爪が放置されて肉球に刺さった状態のものも確認された。

 これまで都からも複数回、文書指導を受けていたが改善されていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ