PR

ニュース 社会

渋谷のアパート火災、全焼し鎮火 居住実態調べる 東京消防庁

 東京・渋谷の28日午前のアパート火災で、東京消防庁によると、住民3人と連絡が取れないという。火は消し止められたが、アパートは全焼。同庁は、居住実態を含め、3人の安否を調べている。

 東京消防庁によると、28日午前8時ごろ、アパートから出火。近隣住民が「煙が出ている」と119番通報した。火は10時10分すぎに消し止められたが、アパート約90平方メートルが全焼。1階から男性が救出されたが全身にやけどを負い死亡が確認された。別の住民の男性もやけどを負った。

 現場はJR原宿駅近くの住宅密集地。東京消防庁は消防車30台以上を出して消火活動などにあたった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ