PR

ニュース 社会

中古漁船を露などへ無許可販売 容疑の男を書類送検 警視庁

 中古漁船を無許可でロシアの業者などに売ったとして、警視庁公安部などは古物営業法違反容疑で、北海道根室市の自営業の男(67)を書類送検した。「20年近くやっていた。許可が必要だとは知らなかった」などと供述している。送検は20日付。

 公安部は男が、北海道で使われなくなった漁船を漁師などから買い取り、業者に売る中古漁船ブローカーだったとみている。

 書類送検容疑は、平成29年7月~30年2月、20トン未満の漁船の売買に必要な許可を取らずに、ロシアと日本の計4社に中古漁船4隻を売ったとしている。

 公安部によると、4隻はいずれも定置網や刺し網漁などで使用する十数トンの船だった。男は12年ごろから売買を始め、年間数百万円を売り上げていたとみられる。従業員はおらず、口コミで販路を得ており、これまでにロシアの業者などに100隻以上を売っていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ