PR

ニュース 社会

京都の九条ねぎ300キロ盗む 容疑で男2人逮捕

京都府警本部
京都府警本部

 大量の九条ねぎを畑から盗んだとして、京都府警八幡署は25日、窃盗容疑で、京都府久御山町下津屋川原の無職、井上信宏容疑者(42)と住所不定の無職、静幸友容疑者(42)を逮捕した。静容疑者は容疑を認めているが、井上容疑者は「今は言えない」と供述しているという。

 逮捕容疑は昨年11月19~21日、久御山町の農家の畑から、九条ねぎ約300キロ(時価約15万円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、昨秋以降、京都市伏見区や城陽市、京田辺市などで九条ねぎが盗まれる被害が相次いでいるという。2人は八幡市の研修施設に侵入し食品を盗んだとして1月に逮捕されており、その後の取り調べで九条ねぎの窃盗への関与が浮上した。

 井上容疑者は、ねぎを栽培していた経験があり、業者などに転売していたとみられる。同署は2人が窃盗を繰り返していたとみて、余罪を調べる方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ