PR

ニュース 社会

大阪・八尾のアパートに成人母子の遺体 餓死か

 22日午前11時50分ごろ、大阪府八尾市末広町のアパート1階の部屋で「人が倒れているのが見える」と、訪問した担当ケアマネジャーから110番があった。八尾署によると、住人の古賀香代子さん(57)と、息子の住所不詳、森田幹雄さん(24)が死亡していた。水道やガスが止まり、所持金もほとんどなかったため、署は餓死や病死の可能性もあるとみて調べている。

 2人に目立った外傷はなく、和室の布団とベッドにそれぞれあおむけの状態だった。玄関のドアは無施錠だったが、侵入の形跡はなかった。

 古賀さんは1人暮らしで生活保護を受給しており、保護費を受け取ったのは昨年12月が最後とみられる。冷蔵庫の中には食べ物がほとんど残っていなかった。

 古賀さんには持病があったとみられ、足が不自由なため介護が必要で、息子の森田さんが出入りしていたという。2人とも死後1カ月ほど経過しているとみられ、古賀さんの遺体は傷みがより進んでいた。今月中旬にケアマネが訪問した際も部屋から応答はなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ