PR

ニュース 社会

神戸教諭いじめ 養生テープで拘束、足に消臭スプレー、ポチと呼ぶ…調査委認定

数々のいじめ行為を認定した報告書=21日、神戸市中央区(前川純一郎撮影)
数々のいじめ行為を認定した報告書=21日、神戸市中央区(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、事実関係や組織的な背景について調べていた弁護士3人による調査委員会が21日、市教育委員会に調査報告書を提出した。調査委員会が認定した被害教諭に対する主な加害行為は次の通り。

 ・「激辛カレーの会」を2回開き、目にこすりつけて、無理に食べさせた。胸の地肌にもカレーを塗りつけ、洗い流していた被害教諭の胸に直接掃除機をあてて吸い込んだ

 ・職員室で日常的に輪ゴムを飛ばし、当てる

 ・教室内で、養生テープで拘束して放置

 ・「(ヘア)ワックスをつけていちびるな」と髪を引っ張る

 ・足が臭いといって靴下を脱がせ、消臭スプレーをかける

 ・更衣室のロッカーに大量のドッジボールを入れる

 ・ふくらはぎにテープをはりつけてはがし、すね毛を抜く

 ・プール清掃の際に2人がかりで被害教諭の手足を持ち、プールにほうり込む

 ・プロレス技をかける

 ・かばんに氷を入れる、机にごみを置く

 ・車の上に乗る、蹴る、車内に故意に飲み物をこぼす

 ・大量の菓子を口に突っ込んだり、コーヒーを粉のまま飲ませる

 ・「ポチ」「うんこ」「ごみ」などと呼ぶ

 ・女性教員に性的な内容を含むメッセージをLINEで送らせる

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ