PR

ニュース 社会

神戸の教員いじめ被害、児童にメッセージ「もう一度立ち上がる」

昨年10月、いじめ問題で会見する東須磨小の校長(右)=神戸市役所(南雲都撮影)
昨年10月、いじめ問題で会見する東須磨小の校長(右)=神戸市役所(南雲都撮影)

 神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、被害者の男性教諭(25)が21日、代理人弁護士を通じて、児童へ向け「君たちから受け取った励ましの手紙や絵、手作りの学級通信、千羽鶴、全部がとてもうれしかったです。おかげでもう一度立ち上がろうと思うことができました」とするメッセージを公表した。

 また、市教育委員会が設置した調査委員会が同日午後に報告書を公表することから、男性教諭は「加害者は単なるいじりだと思うかもしれないが、やられている側は笑顔でもつらい思いをしていると分かってほしい。今後のことは報告書を精査し、家族、弁護士と相談したい」ともコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ