PR

ニュース 社会

御堂筋線が一時運転見合わせ、21万人に影響 心斎橋駅ホームで「焦げ臭いにおい」

焦げ臭いにおいがしたとの申告があり、全線で運行を見合わせた大阪メトロ御堂筋線。心斎橋駅では線路の点検などが行われていた=18日、大阪市中央区
焦げ臭いにおいがしたとの申告があり、全線で運行を見合わせた大阪メトロ御堂筋線。心斎橋駅では線路の点検などが行われていた=18日、大阪市中央区
その他の写真を見る(1/3枚)

 18日午前8時15分ごろ、大阪市中央区の大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅で、運転士から「ホームで焦げ臭いにおいがしている」などと申告があった。消防や警察が点検したが、煙や異臭は確認できなかった。

 大阪メトロは安全確認のため、御堂筋線の全線で約2時間運転を見合わせた。上下線36本に最大1時間58分の遅れが生じ、約21万4千人に影響した。

 このトラブルで御堂筋線の各駅では、運転再開の見通しや代替の経路を確認する利用者が相次ぎ、改札で駅員が対応に追われた。

 営業先に向かう途中だったという大阪市中央区の男性会社員(31)は「再開の時間が見通せないので、別の路線で行くしかない。約束の時間に間に合うか心配」と話し、足早に立ち去った。長野県に出張に行く予定だったIT関連の男性会社員(29)は「最寄り駅なのでいつも使うが、こんな状況はめったにない」とため息をついた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ