PR

ニュース 社会

西、東日本で大雪の恐れ 低気圧発達、強い寒気

雪で白く染まった八坂神社の西楼門前を行き交う人たち=18日午前、京都市東山区(永田直也撮影)
雪で白く染まった八坂神社の西楼門前を行き交う人たち=18日午前、京都市東山区(永田直也撮影)

 低気圧や強い寒気の影響で西日本と東日本は日本海側を中心に18日夕方にかけて大雪になりそうだ。気象庁は18日、積雪や路面凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、発達した低気圧が日本海北部から18日夜には三陸沖に進む見込み。西日本や東日本は冬型の気圧配置で上空約5500メートルに氷点下33度以下の寒気が流れ込んでいる。北日本も低気圧の通過後、冬型の気圧配置に一時変わる。

 19日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で近畿40センチ、東海30センチ、北陸、中国25センチ、四国、九州南部5センチ。18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。波の高さは北海道、東北、北陸6メートル。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ