PR

ニュース 社会

塗装会社にミャンマー人実習生の他殺体 同僚を逮捕、三重県警

カン・ジョ・テッ容疑者(三重県警提供)
カン・ジョ・テッ容疑者(三重県警提供)

 17日午前7時25分ごろ、三重県四日市市東富田町の塗装会社2階の食堂で、ミャンマー国籍の技能実習生、エイ・テツ・ジョーさん(25)=同市富田一色町=が、背中を刺されるなどして死亡しているのが見つかった。県警は殺害されたと断定し捜査を始め、捜査関係者によると18日未明、殺人容疑で同国籍の技能実習生、カン・ジョ・テッ容疑者(28)=同=を逮捕。同容疑者は所在が分からなくなり、県警が17日夜、全国に指名手配していた。

 県警によると、司法解剖の結果、死因は背中を刺されたことによる多量出血だった。2人は職場の同僚。近鉄富田駅の名古屋方面行きホームで似た男が防犯カメラに写っており、県警が関連を調べている。

 17日朝、2人が出勤しないことを不審に思った塗装会社の従業員が食堂を訪れ、遺体を発見。同社の関係者によると、2人は先月上旬から同社で働いていた。16日は休みだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ