PR

ニュース 社会

「勝手に奪っていい命など一つもない」 相模原殺傷事件公判、犠牲者の母親が意見陳述

 事件は、残された家族に大きな傷を及ぼした。自身も体調を崩し、1人で外出することができなくなったという。「私の人生はこれで終わりだと思いました。自分の命よりも大切な人を失ったのだから」

 母親は植松被告に語りかけるように、「他人が勝手に奪っていい命など、一つもないということを伝えます。あなたはそんなことも分からないで生きてきたのですか」と話した。そして、植松被告の差別的な主張に対し、「私は娘がいて、とても幸せでした。決して不幸ではなかった。『不幸をつくる』とか勝手にいわないでほしいです」と、語気を強めて反論した。

 「どんな刑があなたに与えられても、私はあなたを絶対に許さない」。そう言い切った母親は、植松被告に極刑を希望する旨を述べて陳述を終えた。黒いスーツ姿の植松被告は終始静かに陳述を聞き、母親の悲痛な声にも大きな反応をみせることはなく無表情のままだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ