PR

ニュース 社会

倒木死亡で講師書類送検 青森、伐採実技中に

 青森県警は14日、木を伐採する技能講習中に、倒木で受講生を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で、講師をしていた青森市の60代の団体職員男性を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年4月16日、青森県野辺地町のスギ林でチェンソーを使った講習中、安全確認を怠り、同県十和田市洞内の森林作業員、千葉享良さん=当時(62)=に切り倒したスギを直撃させたとしている。スギは高さ約34メートル、直径約40センチだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ