PR

ニュース 社会

警察の懲戒処分243人、昨年、7年連続で減少

 昨年1年間に懲戒処分を受けた警察官や警察職員は前年比14人減の243人だったことが13日、警察庁のまとめで分かった。統計がある平成12年以降で2番目に少なく、7年連続の減少。逮捕者は前年より23人減り、50人だった。

 処分理由で最も多かったのはセクハラを含む「異性関係」の80人で、前年より14人減った。他は「窃盗・詐欺・横領等」の66人(前年比11人増)、「交通事故・違反」が40人(同4人増)、「公文書偽造・毀棄、証拠隠滅等」が14人(同2人増)。一方、懲戒処分に該当するパワハラはゼロ(同7人減)だった。

 処分の内訳は、最も重い免職が29人(同9人減)、停職が59人(同5人減)、減給が122人(同4人減)、戒告が33人(同4人増)。

 243人を都道府県別でみると、警視庁が34人と最多で、神奈川県警の19人、愛知県警の14人、京都府警の12人が続いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ