PR

ニュース 社会

遺族「植松被告を死刑に」 相模原殺傷、意見陳述で心情

植松聖被告(桐原正道撮影)
植松聖被告(桐原正道撮影)

  相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第14回公判が12日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれ、遺族や被害者家族らの心情意見陳述が行われた。

 「私は、植松聖さんに死刑を求めます」。入所していた姉=当時(60)=を亡くした男性は、感情を抑えるように切り出した。男性は「(事件で)世の中の人が、忘れられない傷を負って暮らしているのですよ」「事件について真剣に向き合うときですよね」などと、時折声を詰まらせながら、植松被告に問いかけるように話した。

 事件当時、やまゆり園に勤務していた女性職員も陳述を行った。植松被告に拘束され、園内を連れまわされた女性は、目の前で入所者を殺害された。

 植松被告は入所者を襲う際、女性に「こいつはしゃべれるのか」などと聞いた。「『しゃべれません』と正直に話すと、刺されてしまいました。私の答えで命が奪われてしまったと思いました」。女性は涙ながらに振り返り、「被告人には自分の命を失う最後の瞬間まで、命の大切さと向き合ってほしい」と、現在の心境を明かした。

 また、息子=当時(43)=を奪われた母親の意見陳述も、代理人弁護士が読み上げた。「障害者は不幸をつくる」という植松被告の主張に対し、母親は「大変なときもありましたが、苦労と不幸は違うのです」と反論。「今を生きている障害者の現実の姿を、もっと世間の人に知ってもらい、もっと生きやすい社会になるようにしてほしい」と訴えた。

 争点は事件当時の責任能力の有無や程度。弁護側は「大麻精神病により、心神喪失か心神耗弱だった」と無罪を主張。検察側は「正常心理の範囲内で病的な妄想ではなく、単なる特異な考え方」として、完全責任能力があったとの立場だ。

 公判は証拠調べなどの手続きをほぼ終え、17日の次回公判で検察側が論告求刑する見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ