PR

ニュース 社会

停電でも洗濯OK 災害対応コインランドリー、宇都宮に出店

LPガスを備蓄し停電時も稼働可能な災害対応型のコインランドリー。災害時の拠点としても利用できる=宇都宮市平出町
LPガスを備蓄し停電時も稼働可能な災害対応型のコインランドリー。災害時の拠点としても利用できる=宇都宮市平出町

 宇都宮市に1月末、災害に対応したコインランドリーがオープンした。災害で停電しても、備蓄しているLPガスを使った発電機などで電気を供給して、洗濯機や乾燥機を使用可能にする。コインランドリーを全国展開する「ジーアイビー」(名古屋市)にとって災害対応型の出店は今回が初めてで、同社の城野敏克取締役は「災害時でも地域貢献できる店舗に育てていきたい」としている。(大泉晋之助)

■有事の拠点に

 災害対応型のコインランドリーは、ジー社と産業ガス大手の「エア・ウォーター」(大阪市)が、カインズ宇都宮平出店(宇都宮市平出町)に出店した。ジー社によると、業界内でも同種の試みはほとんどないという。

 台風や地震などの大規模災害時には、停電で家庭用洗濯機が使用不能になる場合があるほか、浸水などで汚れ物が多く出ることもあり、コインランドリーは被災者の生活の支えになっている。一方、災害による生活インフラの寸断は、コインランドリーの稼働にも影響が出る。例えば、昨年、台風による大規模停電に見舞われた千葉県内では、停電エリアに住む被災者が稼働しているコインランドリーを求めて停電エリア外まで探し回る姿が見受けられた。このためジー社は「災害時でも利用できるコインランドリー」の必要性を痛感したという。

 今回、新たにオープンしたコインランドリーは、LPガス仕様の発電機などを備えLPガス3日分を常時備蓄。停電時も発電機を通した電力供給で洗濯機や乾燥機が稼働できる仕組みだ。外部電源への接続設備を備えており、発電機や移動電源車を持ち込んでも、コインランドリーの使用が可能になる。

 携帯電話の充電もできるため、有事には地域住民の災害拠点として開放可能。ただ、断水の場合には洗濯機が使用できなくなる。

 今後、地域の防災訓練などを通して、災害対応型コインランドリーの有用性を浸透させていくことを検討している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ