PR

ニュース 社会

【動画】死亡女性は18歳 神奈川・逗子の斜面崩れ

道路脇の斜面が崩れた現場で作業する警察官や消防隊員ら=5日、神奈川県逗子市(萩原悠久人撮影)
道路脇の斜面が崩れた現場で作業する警察官や消防隊員ら=5日、神奈川県逗子市(萩原悠久人撮影)

 5日午前8時ごろ、神奈川県逗子市池子で道路脇の斜面が崩れ、歩いていた県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれ死亡した。消防によると、崩れた土砂の量は42・5立方メートル。県警は生徒の死因と、詳しい崩落原因を調べている。現場は住宅地で、ほかにけが人はいなかった。

 崩れたのはマンションが立つ土地の脇にある斜面。県の資料によると高さは約16メートル。地面から半分ほどの高さまでは石垣で補強されていて、補強されていない上半分の部分が、幅3~4メートルにわたり崩れた。土砂は斜面の下の市道に1~2メートルほど積もり、ガードレールは折れ曲がっていた。

 斜面は私有地で、県が平成23年に土砂災害警戒区域に指定しているが、建築制限はかかっていない。市担当者は取材に対し「危険の予兆は把握していない」と述べた。

 気象庁によると、逗子市に近い同県三浦市の観測地点では、1月30日以降、雨が観測されていなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ