PR

ニュース 社会

読売新聞記者を覚醒剤使用容疑で逮捕 歌舞伎町で職務質問 警視庁

読売新聞社東京本社ビル=4日午前、東京都千代田区(松井英幸撮影)
読売新聞社東京本社ビル=4日午前、東京都千代田区(松井英幸撮影)

 覚醒剤を使用したとして、警視庁新宿署が覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、読売新聞北海道支社千歳通信部記者、石橋武治容疑者(34)を逮捕していたことが4日、同署への取材で分かった。「使っていない」と容疑を否認している。同署は覚醒剤の入手経路や使用歴などを調べる。

 同署によると、3日午後4時半ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の路上で、署員が挙動不審な石橋容疑者を発見し、職務質問。所持品を調べたところ、注射器などが見つかった。同署に任意同行して実施した尿検査で、覚醒剤の陽性反応が出たという。

 読売新聞グループ本社広報部によると、石橋容疑者は病気療養のため、昨年12月中旬から休暇を取っていた。同署によると、当時は立川市内の実家に戻っていたという。

 逮捕容疑は1月中旬から2月3日までの間に、都内やその近辺で覚醒剤を使用したとしている。

 同社広報部は「捜査の行方をみて、適切に対処する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ