PR

ニュース 社会

秋元容疑者を追起訴 カジノチップ代も 賄賂総額約760万円に

秋元司被告=令和元年12月9日午後
秋元司被告=令和元年12月9日午後

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、事業参入を目指す中国企業「500ドットコム」から講演料名目の200万円や中国への旅費約185万円相当の供与を受けたなどとして東京地検特捜部は3日、収賄罪で衆院議員、秋元司容疑者(48)=別の収賄罪で起訴=を追起訴した。秋元被告はマカオを視察した際、カジノで遊ぶチップ代や高級ブランド品も受け取っていたといい、特捜部はこれらも賄賂と認定。賄賂の総額は前の起訴分と合わせ約760万円となった。

 秋元被告をめぐる捜査はこれで終結。弁護人は同日、東京地裁に秋元被告の保釈を請求した。

 弁護人によると、秋元被告は起訴内容を否認。チップ代は「もらっていない」とし、ブランド品については受け取ったことを認めた上で「社交儀礼の範囲内」と説明しているという。

 特捜部は贈賄罪で「500」社日本法人元役員、鄭希ことジェン・シー(37)▽同社元顧問、紺野昌彦(48)=同▽同、仲里勝憲(47)-の3容疑者も追起訴。収賄罪で元政策秘書の豊嶋晃弘被告(41)を在宅起訴した。

 起訴状によると、秋元被告は平成29年9月1日、IR事業で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら「500」社側から200万円の振り込みを受けた。また同年12月27~29日、広東省深●(=土へんに川)(しんせん)の同社本社やマカオのカジノに招待され、旅費やチップ代、ブランド品など約185万円相当の利益供与を受けたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ