PR

ニュース 社会

感染拡大「適切な情報を」 全国市長会が厚労相に要望

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、全国市長会と全国町村会は3日、感染予防や治療体制について適切な情報を提供するよう加藤勝信厚生労働相に要望した。

 福島県相馬市の立谷秀清市長は感染例が相次ぐことで「地域の混乱が始まっている」と強調。加藤厚労相に対し、情報提供の他、万全な検査や治療体制の構築を求めた。

 面会後に取材に応じた熊本県嘉島町の荒木泰臣町長は、九州でもマスクが品切れになる影響が出ているとし「しっかり情報提供をし、住民に不安を与えないよう対応していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ