PR

ニュース 社会

厚木の男児揺さぶり、父親が無罪主張 初公判

 神奈川県厚木市で平成28年12月、生後1カ月だった長男を激しく揺さぶるなどして脳に障害を負わせたとして傷害罪に問われた父親の中村力弥被告(27)=同市=の初公判が31日、横浜地裁小田原支部(西野牧子裁判官)で開かれ、中村被告は「暴行はしていません」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 弁護側は、揺さぶりはあったものの「激しいものではなかったため、暴行にあたらない」と主張。しかし、「(長男に)傷害が起きたことは争わない」としたうえで、中村被告が昼寝中に寝返りを打った際に、右隣で妻と寝ていた長男の後頭部に右肘が当たったことが、傷害が生じた原因とした。

 一方、検察側は、肘が当たっただけでは「医学的に合理的な説明が付かない」と述べた。長男は29年6月13日、横浜市旭区の病院で死亡。長男に虐待を加えて約半年後に死亡させたとして、同県警捜査1課は昨年1月10日、傷害致死容疑で中村被告を逮捕したが、横浜地検小田原支部は傷害罪で起訴していた。

 この日は妻が証人として出廷し、長男は事件以前から「無呼吸の状態になることがあった」としたうえで、事件当日もその状態になったため「(中村被告は)助けようとして揺さぶったと思う」と証言した。

 起訴状などによると、中村被告は28年12月17日ごろ、厚木市内の自宅で、長男に対して体を両手で持って激しく揺さぶるなどの暴行を加え、脳機能障害を負わせたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ