PR

ニュース 社会

雪崩被害の仏人男性死亡 北海道のバックカントリー

心肺停止状態のフランス人男性を乗せた北海道警の車両=31日午前11時32分、北海道占冠村
心肺停止状態のフランス人男性を乗せた北海道警の車両=31日午前11時32分、北海道占冠村

 北海道占冠村のトマムスキー場周辺で起きた雪崩で、北海道警は31日、現場に残されていたフランス人男性(38)を発見した。男性は死亡が確認された。

 道警富良野署によると、男性はレティエ・シルバン・ルネ・ニコラさん。トマム山(1239メートル)の頂上から南に約500メートルの急斜面で見つかった。上下スキーウエア姿で、一緒に滑っていた友人らが作った雪洞の中であおむけに寝かされていたという。

 30日午後3時25分ごろ、フランス人の友人7人と圧雪などの整備をしていないコース外の「バックカントリー」を滑っていたところ、雪崩に巻き込まれた。他の7人はいずれも同日中に下山した。けがはなかった。

 現場はスキー場管理区域外のエリア。30日は悪天候などの理由で、道警は捜索を断念していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ