PR

ニュース 社会

仏人男性を救助へ、道警 トマムの雪崩

残されたフランス人男性の救助に向かう北海道警の山岳救助隊ら=31日午前6時35分、北海道占冠村
残されたフランス人男性の救助に向かう北海道警の山岳救助隊ら=31日午前6時35分、北海道占冠村

 北海道占冠村のトマムスキー場周辺で起きた雪崩で、北海道警は31日、現場に残されているフランス人男性(38)の救助活動を始めた。

 道警富良野署によると、男性はレティア・シルバン・レネ・ニコラスさん。30日午後3時25分ごろ、フランス人の友人7人と圧雪などの整備をしていないコース外の「バックカントリー」を滑っていたところ、雪崩に巻き込まれた。

 他の7人はいずれも同日中に下山した。けがはなかった。

 現場はスキー場管理区域外のエリア。30日は悪天候などの理由で、道警は捜索を断念していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ