PR

ニュース 社会

北海道、猛吹雪の恐れ 交通障害に警戒呼び掛け

 発達しながら三陸沖を北上している低気圧の影響で、北海道は31日にかけて非常に強い風が吹くとして、気象庁は30日、大雪や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害、高波に警戒を呼び掛けた。湿った重たい雪が降り続くため、電線への着雪、農業施設の管理にも注意が必要としている。

 気象庁によると、31日午前6時までの24時間予想降雪量はオホーツク海側80センチ、太平洋側東部70センチ、日本海側30センチ、太平洋側西部20センチ。その後の24時間はオホーツク海側50~70センチ、太平洋側東部30~50センチ、日本海側20~40センチ。

 31日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は太平洋側西部の海上23メートル(35メートル)、陸上20メートル(35メートル)、日本海側北部とオホーツク海側北部の海上20メートル(30メートル)、陸上20メートル(35メートル)、その他の海上20メートル(30メートル)、陸上16メートル(30メートル)。

 北海道は流氷の動き、東北太平洋側北部の海上は30日夕方にかけて高波に警戒が必要としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ