PR

ニュース 社会

相模原市内で特殊詐欺グループによる被害相次ぐ

 神奈川県警相模原署は29日、相模原市中央区に住む70代の無職男性が特殊詐欺グループの被害に遭い、キャッシュカードなどを盗まれたと発表した。

 同署によると、男性宅に28日午前、警察官を装った男から「特殊詐欺の被害者がいて、口座からお金を下ろされている。あなたは大丈夫ですか。口座を新しいものに変えた方がいいです。新しいものと交換するので、それまで古いものは封印します。これから署員がうかがいます」などと嘘の電話があった。

 同日、男性宅に現れた警察官を装う別の男から、封筒にキャッシュカード1枚と通帳2通を入れるよう指示され、目を離した隙に別の封筒にすり替えられ、盗まれたという。男性は同日午後、同署に通報したが、すでに口座から現金150万円が引き出されていた。

 同市内では24、25日にも特殊詐欺グループによる被害が計2件発生しており、同署は注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ