PR

ニュース 社会

1億5200万円を不正受給か 全日本吹奏楽連盟が事務局長ら懲戒解雇

会見に臨む全日本吹奏楽連盟の丸谷明夫理事長(左)、村山英一副理事長=27日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
会見に臨む全日本吹奏楽連盟の丸谷明夫理事長(左)、村山英一副理事長=27日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 全日本吹奏楽コンクールなどを開催している全日本吹奏楽連盟(東京都千代田区)は27日、約9年半にわたって給与と賞与に上乗せして計約1億5200万円を不正に受け取ったとして、50代の男性事務局長と、40代の男性事務局次長を同日付で懲戒解雇した。

 事務局長は連盟に対して「上乗せは前の理事長が認めていた」という趣旨の主張をしている。連盟はこの主張を裏付ける証拠はないとし、民事、刑事両面で対応を進める。

 連盟によると、事務局長が会計責任者を務め、平成22年4月から昨年12月までの間、自身と事務局次長の給与、賞与を上乗せ。伝票を偽造し、理事会などに報告する決算書類では上乗せ分をコンクールの会場費や課題曲の楽譜制作費として計上していたという。

 連盟の丸谷明夫理事長は同日、都内で記者会見し「吹奏楽を愛するすべての皆さまに深くおわびする。再発防止の具体策を速やかにまとめる」と陳謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ