PR

ニュース 社会

ソフトバンク、不正取得の情報「機密性低い」

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(中央)=共同
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(中央)=共同

 大手通信会社「ソフトバンク」の機密情報を不正に得たとして元社員が逮捕された事件で、ソフトバンクは25日、「持ち出された文書は機密性が低い」などとするコメントを発表した。

 同社はコメントで「当社に関係する全ての方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫(わ)び申し上げる」と謝罪。元社員が不正に得たとされる情報に関しては顧客の個人情報、通信の秘密に関わる情報、取引先に関する情報など「機密性の高い情報」は含まれていなかったと説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ