PR

ニュース 社会

【相模原45人殺傷被告人質問詳報】(10)最後まで一方的な主張 賠償求める遺族「間違っている」

被告人質問に答える植松聖被告(イラスト・勝山展年)
被告人質問に答える植松聖被告(イラスト・勝山展年)

 《植松聖被告は最近、無理心中や世界の難民問題について、自分の考えを訴える手紙を弁護人に送ったという。弁護人は、その手紙についての質問を始めた》

 弁護人「重度障害者の殺害と難民問題は関係があるんですか」

 植松被告「重度障害者を殺害することで、難民問題は解決できるかもしれません」

 弁護人「日本の重度障害者を殺すと海外の難民問題が解決するんですか」

 植松被告「重度障害者は世界中で殺すべきです。日本に限らないと思います」

 弁護人「世界情勢に興味を持ち始めたのはいつ頃ですか」

 植松被告「事件の1年前くらいからです。お金が欲しかったので、世界情勢を調べるようになりました」

 《弁護人は質問を変え、再び大麻の影響に焦点を当てる》

 弁護人「あなたは仕事についてどんな思いを持っていますか」

 植松被告「仕事は楽しくできるようになるべきだと思っています」

 弁護人「あなたはどうでした」

 植松被告「今まではそれなりに…。楽しく仕事をするには大麻を認めるべきです。多幸感で楽しくなるからです」

 《大麻のことに話が及ぶと、植松被告は急に冗舌になる》

 植松被告「大麻についていいですか。大麻と、コカインや覚醒剤との違いを明確にすべきです。コカインや覚醒剤は重度障害者が生まれてしまいます。そもそも麻薬は、麻の薬と書くから誤解を生んでいるんです。麻薬の麻は、カタカナにしたほうがいいと思います。大麻があれば仕事の悩みを解決できます。仕事そのものの苦痛はなくなりませんが、生きる活力を持てるんです」

 弁護人「あなたの中で、大麻と安楽死は関係している」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ