PR

ニュース 社会

ストーカーの市職員を処分 青森・八戸、依願退職

 青森県八戸市は24日、複数の女性に待ち伏せ行為を繰り返すなどしたとして、ストーカー規制法違反と県迷惑行為等防止条例違反の罪で略式起訴された下水道施設課の森隆樹技能主事(46)を停職3カ月の懲戒処分にした。市人事課は「職員としてあるまじき行為だ」と指摘。主事は同日付で依願退職した。

 市によると、主事は10日、八戸簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、後日納付した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ