PR

ニュース 社会

通信アプリ「テレグラム」 凶悪事件への発展警戒 秘匿性を悪用

 大阪市東淀川区の民家で今月、住人女性(74)が複数の男に襲われ、現金約40万円を奪われる事件があり、大阪府警捜査1課が強盗致傷容疑で少年(18)を逮捕し、少年が「(共犯者と通信アプリの)テレグラムを介して知り合った」などと供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。このテレグラムは、高度な暗号化技術で通信内容が保護され、メッセージが消去されると復元は困難とされる。秘匿性の高さから、特殊詐欺グループなどが犯行を指示する際に使うことが多いが、今回のように人命が危険にさらされるケースもあり、府警は警戒を強めている。

 特殊詐欺などの犯罪集団が近年、実行役を募るのに使う会員制交流サイト(SNS)。例えばツイッターでは、検索目印となる「#(ハッシュタグ)機能」で「#裏バイト」「#運び」などと検索すると、「受け出し案件。必ず稼げる」といった特殊詐欺の「受け子」募集とみられる投稿がいくつも見つかる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ