PR

ニュース 社会

建設石綿で国に賠償命令 静岡地裁、825万円

 左官の仕事に就いていた静岡市の岩崎弘さん=当時(56)=が肺がんを患い、平成16年に死亡したのは建設現場のアスベスト(石綿)に対し国が適切な措置を取らなかったのが原因として、遺族3人が国に3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、静岡地裁(小池あゆみ裁判長)は23日、825万円の賠償を命じた。

 岩崎さんは建設会社に勤務した他、個人事業主「一人親方」としても約10年間働いた。一人親方だった時期の国の賠償責任を認めるかどうかが主な争点だったが、小池裁判長は「労働者と同等の利益を保護されるべきだ」と指摘し責任を認めた。

 小池裁判長は、国は遅くとも昭和50年以降、防じんマスクの着用を義務付けたり、石綿関連の疾患について教育したりする義務があったが、それを怠ったと認定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ