PR

ニュース 社会

河井夫妻側に1億5千万円 自民党本部、昨年7月参院選前

参院本会議後、自民党本部からの多額の入金について記者団の質問に答える河井杏里氏=23日午後、国会内(春名中撮影)
参院本会議後、自民党本部からの多額の入金について記者団の質問に答える河井杏里氏=23日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の河井案里参院議員が初当選した昨年7月の参院選の公示前、案里氏と夫の克行前法相がそれぞれ支部長を務める自民党支部に対し、自民党本部から計1億5千万円の入金があったことが23日、関係者への取材で分かった。

 案里氏は広島選挙区(改選数2)から立候補。同選挙区で自民党現職として出馬し、落選した溝手顕正元国家公安委員長が支部長の自民党支部に対しては、党本部からの入金は1500万円にとどまり、10倍の開きがあった。党本部が案里氏陣営に肩入れした実態が浮き彫りになった。

 案里氏陣営の参院選を巡っては、広島地検が車上運動員に法定上限の倍額の報酬を支払ったとする公選法違反容疑で捜査している。陣営は大量の印刷物を配布するなどしており、溝手氏の陣営からは選挙戦中、「(案里氏側の)金の使い方は尋常じゃない」との指摘が出ていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ