PR

ニュース 社会

郵便未配達2万通、自宅に隠す

 郵便物を自宅に隠して配達しなかったとして、神奈川県警は23日にも郵便法違反の疑いで、瀬谷郵便局(横浜市)の再雇用社員だった60代男性=懲戒解雇=を書類送検する方針を固めた。捜査関係者が22日、明らかにした。

 捜査関係者によると、男性の自宅からは未配達の郵便物が約2万通見つかった。県警は、うち約1000通分を立件する方針。

 日本郵便南関東支社によると、配達担当として勤めていた男性は定年前の平成15年から再雇用後の昨年11月中旬まで、郵便物を継続的に自宅に隠すなどした。

 同20日、局内の点検で3611通の未配達が発覚。支社の調査に対し、「配達するのが嫌だった」などと話した。支社は男性を懲戒解雇し、今月14日、県警に刑事告訴した。

 日本郵便は問題発覚後、ホームページに「郵便物は警察の捜査が終了次第、差出人様や受取人様へおわびの上、対応させていただく」と記載した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ