PR

ニュース 社会

記録的雪不足に困った 寒気南下せず滑れないスキー場3割も

雪不足のため、今季の営業を断念した福井県勝山市の雁が原スキー場=22日
雪不足のため、今季の営業を断念した福井県勝山市の雁が原スキー場=22日

 雪不足で、ウインタースポーツの国際大会中止などが相次いでいる今冬。3割近いスキー場が“稼働”しないだけでなく、各地の雪のイベントも中止になり、「残念だ」などの声も上がっている。暖冬の原因は、北極の寒気が南下しないことのようだが、気象庁の予報では今後1カ月、全国的におおむね気温が高い状態が続くとみられている。

■こんな事態は初めて

 「30年ほど前からやっているが、こんな事態は初めて。楽しみにしている人も多かったのに残念」

 北海道美幌(びほろ)町で26日に開催が予定されていた「びほろ冬まつり」の担当者は、こう嘆く。約30年前から毎年実施されてきた「まつり」は、町内から集めた雪でつくるステージや高さ約3メートルの滑り台が人気だったが、今年は雪が足りず、中止になった。

 ほかにも北海道では、紋別(もんべつ)市で来月予定されている「もんべつ流氷まつり」も、毎年制作されてきた雪を使った巨大迷路が取りやめ。網走市の「あばしりオホーツク流氷まつり」も雪像の制作が中止になった。

 冬のリゾート地でも、悲鳴が上がっている。気象予報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)が気象情報の提供などで提携する全国約400カ所のスキー場に調査したところ、滑走できないスキー場は今月21日現在で27・0%に達していた。中でも北陸地方が深刻で、85・0%のスキー場が滑走できない状態という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ