PR

ニュース 社会

落書き容疑で中学教諭逮捕 トイレ内、生徒も中傷か

 千葉県警習志野署は21日、習志野市の大型ショッピングセンターのトイレに個人を中傷する落書きをしたとして、器物損壊などの疑いで、船橋市立習志野台中の教諭小林裕一郎容疑者(47)=同市津田沼=を逮捕した。「心の闇を晴らすためにやった」と容疑を認めているという。

 習志野署によると、ショッピングセンターでは、数年前から複数名を中傷する同様の落書きが少なくとも数十件続いていた。小林容疑者の勤務先の生徒と同じ名前もあり、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は昨年12月15日午後6時20分ごろ、習志野市の大型ショッピングセンターで、男子トイレの個室の壁に黒の油性ペンで個人を中傷する落書きをしたとしている。

 習志野台中によると、小林容疑者は中3のクラス担任で進路指導の責任者だった。きちょうめんで生徒に慕われており、いじめや体罰を調べるアンケートにも苦情はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ