PR

ニュース 社会

母親「泣きやまずパニックに」大阪・平野女児転落死、殺意は否認

大阪府警本部
大阪府警本部

 大阪市平野区の市営住宅で19日、9階付近から生後7カ月の乳児が転落死した事件で、大阪府警に殺人容疑で逮捕された乳児の母親で、同区長吉出戸の無職、民谷(たみたに)瞳容疑者(36)が「9階付近の階段の踊り場であやしていたら泣きやまずパニックになり、片手を離してしまった」と供述していることが20日、府警への取材で分かった。

 司法解剖の結果、死亡した三女の柚希(ゆずき)ちゃんの死因は脳挫滅と判明。府警によると、瞳容疑者は「泣きやませるため景色を見せようとした」「手すりに座らせた」とも供述しているという。また、「階段で手を離したことで死んでしまったことに間違いないが、突き落としたりはしていない」として殺意を否認しており、府警は詳しい状況を調べている。

 逮捕容疑は、19日午前10時ごろ、自宅から数百メートルの場所にある同区長吉六反の市営住宅で、何らかの方法で柚希ちゃんを殺害したとしている。柚希ちゃんは、高さ約1・2メートルの手すりがある9階付近の階段部分から落ちたとみられる。

 瞳容疑者宅近くに住む70代の男性は「(瞳容疑者は)精神的に不安定な部分はあったが、トラブルなどは聞いたことがない」と驚いた様子で話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ