PR

ニュース 社会

相模原殺傷 友人に「障害者殺す」被告、事件の5カ月前 第6回公判

 さらに、「安倍(晋三)総理に手紙を出そうと思うが、(自分の)字が汚いから」と代筆を依頼したり、「一緒にやら(殺さ)ないか」などと、周囲を引き込もうとすることもあった。驚いた元同級生らは、次第に距離を置くようになったという。

 植松被告は同年2月下旬~3月上旬まで措置入院しているが、退院後も過激な思想は変わることはなかった。

 友人の一人は、事件前々日の7月24日、仲間とともに植松被告と会っていた。一緒にボウリングやムエタイジムへ行ったというが、この際はおかしな言動はみられず、「もう危ない考えは捨てて、昔のような『さとくん』(植松被告の愛称)に戻ったと思った」と振り返った。弁護側は、元同級生が「幼なじみの『さとくん』が重大な事件を起こし、その現実を受け入れられていない」などと、心境を吐露する調書も朗読した。

 これまでの公判では表情に大きな変化のなかった植松被告だが、この日は苦笑いを浮かべる一幕もあった。高校時代に交際していた女性は、大学進学後に植松被告から電話で「もう一度、ピュアな恋がしたい」と相談を受けたという。弁護側がこの点について朗読を進めると、植松被告は気恥ずかしそうに「いやいや…」とはっきりと聞こえるほどの声をあげて頭を振りはじめ、傍らの刑務官らは一瞬、表情をこわばらせていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ