PR

ニュース 社会

相模原殺傷 友人に「障害者殺す」被告、事件の5カ月前 第6回公判

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第6回公判が20日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。当日は弁護側の証拠調べが行われ、植松被告の元同級生や、知人らの供述調書などが読み上げられた。

 これまでのスーツ姿から一転して、植松被告は、青いスエットに黒っぽいズボンを着用して入廷。自傷防止用の白い手袋は外し、初公判で噛み付いたとされる右手の小指は包帯でぐるぐる巻きにされていた。青沼裁判長は「第1回公判期日のように、法廷の秩序を乱さないよう」などと、植松被告に注意した。

 元同級生らの調書によると、幼稚園から高校までの植松被告は、「陽気で明るい性格」「まじめ」「根は純粋な人」という印象だったという。小学校のときには知的障害のある子供が身近にいたが、差別的な言動をすることはなかった。

 変化が見られるようになるのは、大学進学後。調書で元同級生の1人は「(植松被告は)21歳ごろには脱法ハーブを吸うようになった」と証言し、別の一人も「大学3、4年ごろに脱法ハーブに手を出した。26年ごろに大麻を吸うようになった」などと振り返った。

 その時期から、植松被告は髪を染め、背中に入れ墨を彫るようにもなった。入れ墨の写真をみた高校時代に交際していた女性が「教師になるんじゃないの?」と心配すると、「ばれないようにする」と返したという。

 やまゆり園に就職した当初の植松被告は「年収300万は安い」などと不満をこぼすことはあったが、「障害者はかわいいし、仕事は面白い」と前向きな姿勢を示していたという。障害者へ敵意をむき出しにする言動が聞かれた時期は、複数の調書で28年2月ごろに集中していた。

 そのころ、植松被告は元同級生らに対し、無料通話アプリの「LINE」や電話で「相談したい」などと切り出すと、「人の形はしているが、彼ら(障害者)は人間ではない。抹殺すべきだ」「俺は障害者施設で働いているから、政府のために殺せる」などと、一方的な自論を展開した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ