PR

ニュース 社会

駅ホームを飛び移る、SNSに動画投稿 奈良市職員の処分検討

職員の不適切行為が発覚し、謝罪する市幹部ら=奈良市
職員の不適切行為が発覚し、謝罪する市幹部ら=奈良市

 奈良市は20日、市建設部道路建設課の男性主事(30)が近鉄奈良駅のホームの間を飛び越えようとして線路上に転落する不適切な行為があったと明らかにした。インターネット上にその様子を撮影した動画が投稿され、市民から問い合わせが相次いでいた。木村康貴建設部長は「市民の信頼を大きく裏切る行為であり、深くおわび申し上げる」と謝罪。市は事実関係の詳細を確認した後、主事の処分を検討する方針。

 市は電話での問い合わせを受け、18日に会員制交流サイト(SNS)に投稿された動画を把握。19日に主事に確認したところ、「写っているのは自分で間違いない」と認めた。

 主事は大阪方面で友人らと酒を飲んだ後、特急電車に乗車し、奈良駅に到着。降りる駅を通過しており、引き返すために隣のホームへ飛び移ろうとしたらしい。主事は市の聞き取りに「酒に酔っていて、いつのことだったかは覚えていない。やってはいけないことで軽率だった」と話しているという。

 近畿日本鉄道によると、写っている特急電車のカラーリングや柱の表示から、動画は平成27年12月13日~31年3月29日の間に撮影されたとみられる。

 ホーム間の幅は約3メートルで、線路に高圧電流は流れていないというが、近鉄の広報担当者は「重大な事故につながる恐れがあるので絶対にやめてほしい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ