PR

ニュース 社会

【動画あり】背比べの跡、ピンクの長靴…世田谷一家殺害現場 生きた証し克明に

公開された宮沢みきおさん宅の中2階=18日、東京都世田谷区上祖師谷(古厩正樹撮影)
公開された宮沢みきおさん宅の中2階=18日、東京都世田谷区上祖師谷(古厩正樹撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 未解決のまま発生から19年が過ぎた世田谷一家殺害事件は、遺族が異例の現場住宅の室内の公開に踏み切った。警視庁から打診を受けた取り壊しが現実味を増す一方で、室内には壁に書かれた子供たちの背比べの跡など、4人の生きた証しが残る。「警察から十分な説明がない状況では取り壊しは決断できない」。遺品を収めた段ボールの山を前に、遺族は苦悩を続けている。(村嶋和樹)

 「ギィーッ」。殺害された東京都世田谷区上祖師谷(かみそしがや)の宮沢みきおさん=当時(44)=の妻、泰子さん=同(41)=の姉、入江杏さん(62)が玄関を開けると、老朽化を物語る鈍い金属音が響いた。みきおさんが1階の書斎として使っていた室内には壁に沿って小型の段ボールが5段ほどずつ積まれている。

 蓋が開いた箱からのぞいていたのは、長女のにいなちゃん=同(8)=が履いていたピンクの長靴。入江さんは「大雪が降ると、昔はみんなで雪合戦だった」と懐かしむ。

■床に黒い染み

 警視庁から取り壊しを打診され、「事件解決前に解体していいのか」と葛藤を続けてきた。鍵の返却を受け15日に室内に入り、山積みの段ボールにショックを受けた。「引っ越し前の準備段階のようだ」

 1階奥の階段手前で、刺殺されたみきおさんの遺体が見つかった。発見時、そばにあった棚の引き出しをかぶせられるような格好で倒れていたが、棚は引き出しが抜かれた状態で残る。

 階段を上った中2階の踊り場では、刃物で襲われた泰子さんがにいなちゃんをかばうように倒れていた。床に黒い染みのような跡がはっきりと見て取れ、入江さんはおえつを漏らした。

 犯人はこの中2階にある浴室の窓から侵入したとみられ、首を圧迫されるなどした長男の礼君=同(6)=の遺体は同階の2段ベッド下段で見つかった。入江さんはよく礼君を膝の上に乗せて、絵本の読み聞かせをしていたことを思い出す。ベッドを前に涙をこらえることができず、持参した花を手向けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ